地域密着でお口の健康をサポート 口腔外科専門医インプラント治療 山手歯科医院 稲田堤/調布/登戸

入れ歯

Subtitle

入れ歯

ireba

一度失ってしまった歯は、残念ながら戻ってきません。失った歯を補う治療のひとつが義歯(入れ歯)です。入れ歯(義歯)は、大きくふたつに分けられます。ひとつは、保険が適用される入れ歯と保険が適用されない、自費による入れ歯。そして、自費による入れ歯にはさらにいろいろな種類があります。

「レジン床」

「レジン」と呼ばれる合成樹脂(プラスチック)でつくられた床。保険が適用されるため安価で作ることができ、プラスチックなので加工や調整、修理がしやすいというメリットがあります。

しかし、においや汚れが吸着しやすい、使用しているうちに変色やすり減りが起こりやすい、などのデメリットも。また、全体的に厚みがあるので装着時に違和感があったり、食べ物の温度がわかりづらくなったりする場合もあります。

メリット

・保険が適用されるため安価
・加工や調整、修理がしやすい

デメリット

・においや汚れが吸着しやすい
・変色やすり減りが起こりやすい
・装着時に違和感があったり、食べ物の温度がわかりづらくなる場合も

「金属床」

床が部分的に、金合金、コバルトクロム、チタン、白金加金などの金属が使われているもの。
強度があるので薄くすることができ、装着時の違和感が少なく、食べ物の温度も伝わりやすいのが特長です。さらに、汚れがつきにくい、割れにくく変形もしにくいというメリットもあります。

しかし、保険が適用されないので高価という面も。また、破損したときの修理がむずかしく、金属の種類によっては、金属アレルギーを起こすこともあります。

メリット

・装着時の違和感が少ない
・食べ物の温度が伝わりやすい
・汚れがつきにくい
・割れにくく変形もしにくい

デメリット

・保険が適用されないので高価
・破損したときの修理がむずかしい
・金属の種類によっては金属アレルギーを起こす場合も

「ノンクラスプデンチャー」

ノンクラスプデンチャーとは、クラスプ(留め金具)のない入れ歯。金属のバネを使用しないので装着時に目立たず、よりナチュラルな審美性の高い入れ歯です。 また、丈夫で柔軟性があるため、レジン床のものに比べて薄く作れ、違和感が少ない、土台となる歯を削る必要がない、残った歯にかかる負担が比較的小さい、という特長があります。 さらに、金属アレルギーの心配がないというメリットもあります。 ただ、保険が適用されないので高価です。残っている歯の状態によっては使用できないケースもあります。

メリット

・クラスプが目立ちにくく、審美性が高いbr /> ・丈夫で柔軟性があり、薄く作れるbr /> ・残った歯にかかる負担が比較的小さいbr /> 。金属アレルギーの心配がない

デメリット

・保険が適用されないので高価br /> ・残っている歯の状態によっては使用できない場合も

入れ歯を選ぶときは医師としっかり相談を

入れ歯を作る場合、保険が適用されるかどうかによって、種類や費用が大きく変わります。入れ歯を選ぶ際は、まずは歯科医師に自分の口の中の状態をよく診てもらい、どのような入れ歯がよいかなどをよく相談しながら決めていくことが大切です。

また、入れ歯を装着してからも入れ歯が合わなかったり、痛みを感じたりするなどの不都合があったら、歯科医師に相談することも大事。定期的なメンテナンスや検診を心がけましょう。

長く入れ歯を使っていくうえで毎日の入れ歯のお手入れもポイントです。研磨剤などが入った一般的な歯磨き粉は入れ歯を傷つけることがあるため、入れ歯専用のものを使うなど、入れ歯に合った手入れ方法をしっかりとマスターしましょう。

pagetop